一般的な外壁塗料の種類をチェック

男性作業員

一般住宅で外壁塗装の施工を考えたとき、どのようなカラーの塗料を選ぶかという点に注目してしまいがちです。ただ施工を行う専門業者が多い大阪の場合、他の地方に比べると使用している塗料の種類がとても豊富という特徴があります。10年に1回程度と施工を依頼するスパンが長い外壁塗装、塗り終わってから「塗料選びに失敗した」ということにならないよう、どのような塗料があるか種類を確認しておきましょう。外壁塗装に使われている塗料は、安価なアクリル塗料・光沢感のあるウレタン塗料・耐久性に優れているシリコン塗料といった種類が一般的です。アクリル塗料はこの中では最も費用が安い塗料で、ウレタン塗料・シリコン塗料の順に金額は高くなる傾向にあります。

塗料の種類によって塗り替えの期間が変わる

外壁塗装は紫外線や雨、風といった自然のダメージによって、1度塗り替えを行っても徐々に塗料の効果が落ちていきます。ですので、定期的に施工を行う必要があるのですが、使用する塗料の種類によって塗り替え時期が変わるため、その点は事前にチェックしておくことが大切です。例えば大阪の専門業者に外壁塗装を依頼した際、費用が安いアクリル塗料の場合、色褪せするのが早いため5年から6年程度で、次の塗装が必要になります。ウレタン塗料は7年から10年、シリコン塗料は約10年程度で塗り替えが必要となるケースが多いようです。金額だけで塗料を選ぶのではなく、どのくらいの期間効果が持つのかという点も考慮して、塗料の種類を選ぶようにしましょう。

最新塗料の効果をチェックしよう

外壁塗装を行っている大阪の専門業者の中には、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料の他に、最新の塗料を使い施工を行っている所も少なくありません。大阪だけでなく全国的に近年、人気が高まっている塗料の種類として「ラジカル塗料」という種類が挙げられます。ラジカル塗料は長期的な塗り替えサイクルを考えて作られている塗料で、塗り替えは15年程度必要無いという特徴があります。外壁の塗り替えを頻繁に行うのは避けたいと考えている人に、塗り替えのスパンが長いラジカル塗料はおすすめです。ラジカル塗料の他に最新塗料として注目を集めている「フッ素樹脂塗料」も、塗料の効果が15年以上持つ種類です。最高級グレードの塗料で劣化しにくいというだけでなく、外壁の色褪せもしにくいというメリットがあります。最新塗料は今までポピュラーに使われてきた、アクリル塗料などに比べると費用が高くなる傾向にありますが、一般塗料には無いメリットを得られます。